流浪的龙

艺术给予我们自由。

      相信不少人会厌烦昨天的七夕,有种被绑架之感。不是秀恩爱,就是微商,还有单身狗的哀嚎。如果只有到了节日,才会想到要浪漫,那就有点勉强了。

      想秋ノート,思秋笔记。一首清爽的歌,不知道能不能让大家回忆起19岁的恋情。无终的初恋,如果以前一直告诉自己要遗忘。偶尔在某个节日,回忆起当年有多傻,也是一种幸福。

作曲 : 加藤登紀子

作词 : 加藤登紀子

あれは19夏の終わり

那是十九岁的夏末

初めての恋終わった夜

初次爱恋结束的夜

オレンジ色のコート脱ぎ捨て

脱掉橘色大衣丢在一旁

黒いコートに心を包んだ

用黑色的外套将内心包裹

ひとりが似合うそれでいいわ

自己一个人也很好吧

甘い恋などいらない

根本没有什么甜蜜的爱恋

恋に破れて初めて知った

这是无终的初恋告诉我的

秋色の空その深さを

那时秋季天空的深色

悲しみの色喜びの色

是悲伤的颜色是欢喜的颜色

燃える想いに揺れてる

在我燃烧着的回忆里起伏着

このまま遠く空の果てまで

想就这样行走到天空的尽头

一人旅する女でいたい

想成为独自旅行的少女

それから10年冬の終わり

10年后的冬末

暖炉に燃える赤い火を見てる

看着暖炉里燃烧着的火焰

窓の外は木枯らしの音

窗外传来像是枯枝的声音

凍えた空を見上げるあなた

仰望着白茫天空的你

大きな手の平その温もり

那大大的手掌的温度

なぜか寂しさ滲んだ笑顔

为何流露出寂寞的笑容呢

瞳の中に小さな光

映在双瞳里微弱的光

このまま二人生きてみたい

想就这样两个人生活着

それぞれの愛幸せを

带着满满的爱和幸福

ともに抱きしめ生きるため

生活着

瞳の中に小さな光

映在双瞳里微弱的光

このまま二人生きてみたい

想就这样两个人生活着

瞳の中に小さな光

映在双瞳里微弱的光

このまま二人生きてみたい

想就这样两个人生活着



评论
热度(9)
  1. Peaceful-Pisces流浪的龙 转载了此音乐

© 流浪的龙 / Powered by LOFTER